ロスミンリペアクリームホワイトとロスミンローヤルはどちらもロスミンシリーズですが、
何が違うのか疑問に思いませんか?

ここで詳しく解説します。

ロスミンリペアクリームホワイトとロスミンローヤルの違い

ロスミンリペアクリームホワイトとロスミンローヤルには次のような違いがあります。

・飲むタイプと塗るタイプで違う
・効果・効能が違う
・飲むタイプと塗るタイプ

一つずつ違いを見ていきましょう。

飲むタイプと塗るタイプで違う

ロスミンリペアクリームホワイトは肌に直接塗るタイプですが、ロスミンローヤルは錠剤を飲むタイプです。

外側からのケアと、内側からのケアという違いがあります。

効果・効能が違う

そもそも、効果と効能が違います。

シミや小じわ対策としては共通の部分がありますが、ロスミンローヤルは下のように幅広く効果・効能があります。

シミ、そばかす、ニキビ、肌荒れ、小じわ、肩こり、腰痛、神経痛、のぼせ、めまい、耳鳴り、冷え性、手足の冷感、腰部冷感、妊娠授乳期、病中病後、肉体疲労、食欲不振の栄養補給

医薬品と医薬部外品で違う

製品としての区分にも違いがあります。

ロスミンリペアクリームホワイトは医薬部外品ですが、ロスミンローヤルは医薬品です。

医薬品と医薬部外品って何が違うの?

医薬品と医薬部外品では何が違うのでしょうか?

簡単に言うと、体への作用のレベルの違いです。

医薬品・・・体への作用のレベルが高い
医薬部外品・・・医薬品よりも体への作用が弱い

ということになります。

どちらも、厚生労働省から認められた成分を配合しているという点では一緒なのですが、このように体へ作用するレベルが違ってきます。

ただし、体への作用レベルが大きければ大きいほど、その分副作用のリスクも大きくなっていきます。

ロスミンローヤルは第3類医薬品

医薬品は次のように上から順に副作用のリスクが高い順に分類されているのですが、
ロスミンローヤルはその中でもリスクが一番低い、第3類医薬品というのに分類されています。

要指導医薬品
第1類医薬品
指定第2類医薬品
第2類医薬品
第3類医薬品

医薬品といっても、そこまで慎重になるレベルの商品ではないと言えます。

表にまとめると次のようになります。

 ロスミンリペアクリームホワイトロスミンローヤル
区分医薬部外品第3類医薬品
タイプ塗るタイプ飲むタイプ
効果・効能肌あれ・あれ性/メラニンの生成を抑え、シミ、そばかすを防ぐ/肌を整えるシミ、そばかす、ニキビ、肌荒れ、小じわ、肩こり、腰痛、神経痛、のぼせ、めまい、耳鳴り、冷え性、手足の冷感、腰部冷感、妊娠授乳期、病中病後、肉体疲労、食欲不振の栄養補給

 

ロスミンリペアクリームホワイトとロスミンローヤルを口コミで比較

口コミで比較して違いを見てみましょう。

ロスミンリペアクリームホワイトの口コミ

・すぐに効果はありませんでしたが、使っていくうちにシミが薄くなってきました!

・思うように効果が出ずに途中でやめようかと思いましたが、根気強く続けるとよく効いてくれてよかったです!

・一本でシワシミの予防ができるのが嬉しいです。くすみ対策にも使ってます!

・保湿がされて乾燥を抑えてくれるので目尻のシワが目立たなくなってきました!

ロスミンローヤルの口コミ

・3週間目くらいからシミが薄くなってきました!もうすぐ消えかけてきているので嬉しいです。

・3回服用したのですが、顔と体に激しいブツブツがでてきました。

・飲み始めてから二週間くらいで体が白くきめ細やかになってきました!

・朝起きた時に自分でもわかるくらいに肌が綺麗になっていたのがすごくよかったです!

口コミで比較した結果

ロスミンリペアクリームホワイトとロスミンローヤルの口コミを比べると次のようになりそうです。

 違い
ロスミンリペアクリームホワイトシミへの効果が出るのには時間がかかるが、副作用の口コミはほぼない
ロスミンローヤルシミへの効果は早く出る傾向にあるが、副作用の口コミも何件かある

ロスミンリペアクリームホワイトは小じわへは比較的すぐに効く傾向にありますが、シミへは時間がかかります。
その点、ロスミンローヤルはシミにも早く効く傾向にありますが、副作用のリスクがロスミンリペアクリームホワイトよりも高いです。

あなたに合う方で決めるのが良いと思いますが、一度試して副作用に問題がないようであれば、両方併用すればさらに気になるシミ、小じわへの効果アップが期待できるのでそれもおすすめです。

>>ロスミンリペアクリームホワイトを1900円で試してみたい方はこちら

>>ロスミンローヤルを1900円で試してみたい方はこちら

>>最安値セット購入はこちら